施工事例

HOME > 施工事例 > おこもり感のある書斎風造作

おこもり感のある書斎風造作

今回は子供部屋の造作家具をご紹介いたします。

おこもり感があり、シンプルで子供っぽさを感じさせないものを・・
とのご希望でした。

Concept

元々、きちんと整理されたすっきりとしたお部屋。

築10年と伺っておりましたが、ご要望としては

・子供部屋の机と収納だけど、子供っぽくはしたくない
  →将来的には書斎?
・おこもり感がほしい
・いかにも作りこんだかんじがするのは好みではない etc...

最終的に、押入をくりぬいたような雰囲気でお部屋に対して一体感のある造作デスク&収納に決定しました。


袖壁、下がり壁風の造作。一般的な押入の下がり壁の厚みと下がり寸法でつくっています。 袖壁は、ドア正面になるので圧迫感を感じにくいようにコの字にけがいています。


Desk

コの字の下の立ち上がり部分はデスクの手元が見えにくい高さです。

オープンより、壁があるほうが使い勝手も良いです。


デスク正面はステンレス板にダイノックシートを貼ったマグネットパネルです。

お客様で変えることができるように、押し縁で仕上げています。


デスク、天井のダウンライトのスイッチはトグルスイッチ。「カチカチっとできる宇宙船みたいな感じ」をイメージ。電気やさんにオーダーで作ってもらいました。かっこよくて、私もお客様も取り付け前から大満足。

Bookshelf

本棚の上にはあえて、少しクリアランスを設けています。
初期の打ち合わせでは「キヨスクのレジみたいな感じ」でしたが、全体のバランスを考えてこのかたちに。
ご主人いわく、「見られたくないものを隠すところ(笑)」だそうです。
現在はディスプレイスペースですが、文庫本が入る高さで設計しています。

本棚の奥行き、高さ、幅、底板の厚さと縦板、横板の厚さはすべて違います。 すっきり見せるためあえて寸法を調整しています。

2 Storage

L型のデスクから続きまして、窓面のこちら。こちらはベッドヘッド風収納です。

ベッド寸法ぴったりの幅。そのままだと重たく使いにくいので2つに分けて収納にしました。

デスクの反対側は収納スペース。お客様ご準備の収納がぴったり入るサイズに。


今回、全体の空間をベッドでゾーニング。勉強スペースと着替え作業スペースをゆるやかに仕切りました。
構想にお時間をいただきましたが、すごくきれいに完成し、私自身も非常に満足の仕上がりです。

施工事例

Faith de Styling -リフォーム&インテリアサロンブログ-

リフォーム工事のプロセス

SHOP

ケーススタディ

Q&A

インテリアサイト

カーテン・インテリアコーディネートなら仙台のFRAGIS(フラギス)

PAGE TOP